読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットケーキは生がいちばん

頭ゆるゆるなインターネット

living life

今日はしごともお休み。

そのせいか昨日のお酒を飲む会でははめをはずしたというか帰るタイミングを失ってしまって酔っぱらってしまった。日付の変わる少し前に家に到着し、散々迷惑をかけた後に六時くらいに目が覚めた。六時に目が覚めた後また案の定眠ってしまって、もう昼頃になったかと思えば9時過ぎだった。そのままぽけぽけと過ごしていたらお昼になっていた。

一緒に時間をともにしている人は今日も仕事だというのに。

申し訳ないという気持ちと、あとは久しぶりにこういう日だったのでせっかくだからと掃除と洗濯をした。

人の家の掃除は楽しいけれど難しい。なにがというと、やりすぎるとその人らしさがなくなってしまうのである。本棚の並びとか、物の並べ方とか、そういうところのその人っぽさを私は損ないたくないというか・・・とかいいつつ、巻数順にそろえてしまったりもするのだけど。

 

台所、とかね。台所だと、コンロに本当は油除けのシートを貼ってしまいたいところだけれどぐっと堪えている・・・だって、そうじゃないか。そんなの貼ったらひとたまりもない。大変なことだ。外部の人間の影響もなく一人称で台所に油除けのシートを貼る人では・・・ないだろう(笑)

あとははじめてその人の家に行った時の気持ちを忘れないように掃除をしている。だから自分のモノが増えすぎた今、申し訳なくも思う。

 

夏の日、初めて足を踏み入れた時、ドアを開けた時・・・少しあたたかい空気が包んだその部屋は澄んでいて、モノが少なくて、青が多くて、思ったよりもきれいで驚いて。一瞬、裏切り者!と思ったりして。あんまりきれいだから(笑)

 

好きな女優さんのポスターがあって、それが額に入れられていて、いいなと思って。白くて青くて澄んでいた、あの部屋を思い出すように掃除をしている。

 

 

HK・・・で話は変わるけど、という意味でよく手紙に書いていた時期があったな。小学生や中学生の時に授業を聞いているふりをして手紙を書いて、休み時間に交換するのが流行っていた。懐かしい。

 

個人的にはずっと楽しみにしていた連休だった。特になにをするというわけでもないのだが、この日を待ち望んでいた。

 

仕事に行かなくてもいい1日は安心している。仕事に行かなくてはいけない朝は鬱屈としている。

 

仕事に関して少し限界を感じ始めている。自分でも優先順位がわからないまんまにタスクをこなせず、かといってそのタスクも、自分が成長するものなのかと考えたら・・・わからないのだ。

 

ずっと、誰がやってもいいようなタイピングを繰り返している。

ずっと、誰がやってもいいような処理をしている。

ずっと、誰が聞いても答えられるような質問に答えている。

ずっと、前に誰かが聞いた質問に答えている。

 

この処理は、もう別の人に任せなかったけだとか、思うけれど。でも、忙しそうにしているその人の顔を見ると「忙しいなら私がやるよ」と言ってしまう。

 

私は忙しくないのか?

 

昨日も、飲み会の準備と溜まっていた事務処理の納期が重なってしまって困っていたら「あなたの溜まっている事務処理って何?」って、聞かれた。

 

ぐちゃぐちゃになってしまった。

 

あの人がやらない事務処理、あの人に聞かれたデータの吸出し、あまり優先ではない頼まれごと、毎日の料金処理、時間が出来たらやってと言われたプログラムの編集、

 

どうでもいい、憂鬱になるしょうもない処理に時間を圧迫されてスキルアップが臨める仕事ができない。

 

私はそのうち飼いならされて消費されて終わるのだ。

 

 

なんのためにこんなしょうもないことをやっているんだと思っていたら早く仕事に出るはずが身体が動かず少し時間ぎりぎりになってしまった。

「あなたも寝坊をするんだね」と言われたから謝っておいた。

 

憎しみが溜まっていく。技術も知識もあるわけでもないのに勉強をしようという力が湧いてこない。

 

マネジメントだとか調整だとか、周囲に働きかけるだとか、疲れる。様々な意見の人間の間で揉まれている。最近、仕事をしていて何かを掴んだという感触がない。

 

なのに周りにはあなたはやっていることがたくさんあるから上への働きかけのネタもたくさんあっていいね、と言われる。すごいね、と言われてもうれしくない。もううれしくない。上っ面だけの自分、上っ面だけの仕事、なににもやりたいと思えない。職場に近づくにつれて感受性も死んでいく。退勤していると人間らしさが蘇ってくる。ロボットのようだ。しょうもない事務処理をして、・・・そもそもなんでこんなことやってるんだろう。どうして人が怠けてやらないものまで私がやっているんだ。わたしも同じ思いをさせているんだろうか。周りにはそれが当たり前だと思っている人間もいる。わたしはお前と同じ仕事をして、それに加えてあなたのやらない処理をやっているんだと言いたい。表彰をされても評価をされても褒められてもうれしくない。そんなものよりも人間らしく働ける環境がほしい。人間になりたい、人間になりたい、人間として扱ってほしい。感情を持って仕事がしたい。感情をもっていきたい。生きていて楽しいと言いたい。死んだっていいやなんて、思いたくない。

 

悲しかった。本当に瀬戸際のときに君はがんばってるね、と目上の人に缶コーヒーをもらった時に感謝と同時に自分の苦しみは120円か、と思ってしまったことが本当に悲しかった。自分が、もう、別の人間に変化してしまったみたいで悲しかった。もう私は人間ではないのだと思った。その時のことを思い出すと苦しくなってしまう。

もう自分は死んだっていいんだと思ってしまって、それも悲しかった。生きる意味とか価値とか誰かが必要としているとかそういうことをルーティンワークを続けていると忘れてしまっていって、それが怖かった。

 

そして別に対して給料や評価があがってるわけでもないのがつらい。口で褒めてるだけじゃないかよって、思う(笑)

なのに周りは私が高い評価をもらってると勘違いしてひどい当たりで接してくる人間もいる。ふざけてると思う。

 

感情が摩耗して人への感謝も忘れて自分の価値もよくわからないで打ち解けられる人もあまりいないまま人目を気にしながらやる仕事でもらえる給料はこれっぽっちか、ともそんな仕事しかできない人間がもらえる価値もこんなもんか、とも思う。

 

自分の苦しみばかりに目を向けてまわりの人や隣にいる人の苦しみにも目を向けられなくなっている、自分が辛いのをわかってほしい、みたいな最低な人格が目を覚ます。早く目を閉じてしまえ、そんな気持ちは。

 

 

なにはともあれ、もうお休みだ。週末まで仕事のことなど忘れていい。週明けでも忘れてもいい。もうさようなら、さようなら。

 

こんにちは、自分。