読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットケーキは生がいちばん

頭ゆるゆるなインターネット

まよなかの詩


深夜2時にぼんやりと目が覚める。メッセージの通知が数件、いつの間に眠っていたのだろう。そのままもう一眠り…と目を閉じてもやけに目が冴えるのと、朝の予定を鑑みてベッドから降りた。足下には2つの寝顔。昨日は宴会じみたことをしたから。こたつが暑かったのか離れて眠る2人に毛布がわりの寝袋をかけた。どちらかかわからないけれどありがとうと聞こえた。

片方の、頬をつついた。それでその人の目が覚めたなら、してしまいたいことがあったから。けれどもそんな淡い期待のようなものは叶わなかった。別に叶わなくても良かった。叶えば、良かったんだろうか。でもやっぱり別に叶わなくても良かった。


お風呂に入った。そのまえに溜まってしまった洗い物をこなした。今日は出かける予定だ。人の家に行くからこれはどうにかしないと、と思って。洗い物は大抵手をつけるまでは気が重いけれど実はあまり時間のかからない作業だったりする。だからそれなりの時間で終わった。薄ぼんやりと届いたメッセージのことを考えた。本当は返事がしたい。本当は、起こしてしまいたい。ただ迂闊に携帯が鳴るとなにか周囲に勘繰られてしまうのではないかと思った。痕跡を残すわけにはいかない。お風呂に入りながらぼんやりと考えていた。新しいボディソープの甘い香りは人の体温と混ざると温かく心地よい。周囲の評判は聞いたことがないけれど私は好きだ。そんなことを考えたり仕事の同期や後輩が明日受ける研修のことを考えていた。その人に久しぶりに会うときに話すことを軽くシミュレーションしていた。癖みたいなもので、時間があると偶然出会うと想定される人間との会話を想定してしまう。そういうことを本当はあまりしたくない。

夜中に否定的な言葉を綴るのは精神衛生上よろしくなさそうだからやめる。


そして髪を乾かし寝支度は済んだのだけれど、すぐに眠ってしまえばいいのにこうして言葉を残している。結局のところ、気付いてほしいのである。わかってほしいのかもしれない。私がこの真夜中に、感じていたことや小さな望みのようなことを。別に叶わなくても良かったのだけれど、日付が変わる頃にその人の望んだ私が目覚めることと同じように私も今、君が目覚めればいいのにと思っていることを。


インターネットの海は広くて深い。月に照らされた水面は美しいのだろうか。

私の言葉がビンに詰められ、いつか届きますように。


おやすみなさい。