読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホットケーキは生がいちばん

頭ゆるゆるなインターネット

灰色の雲が覆う青い空

 

 

雨音。

 

 

青い空を灰色の雲が覆っていく。雲行きが怪しいですね、なんて言葉を交わす前にぽつりぽつりと頬を濡らす雨粒。そのうちにコンクリートは水玉模様になり、やがて濃いグレイになる。ザア、と音を立て降り続く雨。草木も濡らされていく。傘を忘れて逃げる人、傘を開く人、コンビニへと走る人。

 

雨が降り出す様子が好き。ざあざあと、降り続く雨音を聞いているのも心地がいい。今も、地面を濡らし続ける雨音を聴きながらカタカタとタイピングをしている。相変わらずミスタイプが多く、今日はbackspaceとinsertを間違える。消そうとしたら、その文字が青く染まって、あれ、あれ。って。

 

青が恋しい。青い空が見たい。

雲一つない空をperfect skyと言うらしい。それを知ってから、学校のことで海外に行ったときに海沿いで見た空がまさにそれだった。

はじめて見たかもしれない。一面の雲一つない空。実際には見たことはあるのかもしれないけれどあんなに記憶に焼き付く空は初めてだった。その言葉がタイトルになった曲を頭の中でかけながらずっとその空を見ていた覚えがある。それから、時々思い浮かべてしまう。蒸し暑い気温と、青い空と、青い海と。その場所では名物になっている魚のフライを投げると群がるカモメの大群。

 

例えば、雨の日を天気が悪いと言ってしまうのはどうなんだろうとか、雨は雨で悪くはないよねとか、そういう論じ方もあるけど。パーフェクトスカイっていうのは本当に完全な空、という意味では言いえて妙なのかもしれない。白い雲も、灰色の雲も、ビルもなにも、太陽すら邪魔できない景色。完全なもの。って。

 

 

 

なんてことを書いていたら雨音が弱まってきた。寝静まっていた街が活動を始めて雨音をかき消しているのかもしれない、そう走り出したバイクの音を聞いて耽る。物思いに耽る。

 

雨…そう、雨は、私は傘を持つ手間があるのであまり好きではない。部屋の中にいるだけでいい日ならまだしも、傘を持たずに濡れてもいいような日ならまだしも、人前に立つだの、一応人間という面子を気にしなければならない日は大変面倒だからだ、

 

でも、今日は雨が降らないかなと思っていたから。そんなに世の中うまくいかないと思いながら、雨が降ることを望んでいたから。言葉のチョイスがおかしいかもしれないけれど恵みの雨、なのかもしれない。ただ24時間365日その気になれば簡単に実現できる時間をもう一度繰り返したいという私のエゴ、希望、願いを叶える雨。ある種のアンコールを叶える雨。

どうして人は…私は、何度でもその気になれば繰り返すことのできることなのに一番であることを望んでしまうのだろう。いつでもできることを一番にしたくなる。いつでもできるのに、今してしまいたい。そしてそれをしたらまた、もう一度、もう一度、と止まないのだ。

まるで中毒。

 

 

I go crazy about .......

 

 

なんちゃって。

 

この私は○○のせいで狂っていくという一文で、crazyという形容詞にgoが重なるのがなぜかその言葉を知った時から気に入っている。狂ってしまう症状に自ら足を踏み入れていく表現がまさにそうだな、と思って。

 

 

 

 

 

一歩一歩、確実に足を進めていく。

その先にあるものはなんだろう。